生物科学科TOP > 教員紹介
ページの本文を印刷

丸田 恵美子(まるた えみこ)

 
職名 教授・理学博士
担当科目 植物系統分類学
生態学
生態学Ⅰ
生物科学実験Ⅱ
生物学概論
生物学概論Ⅱ
総合生物学演習
総合理学研究Ⅰ・Ⅱ
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
特別実習C
輪講Ⅰ・Ⅱ
専門分野 植物生態学,植物生理生態学,樹木水分生理学
ホームページ 「神大の先生」丸田 恵美子のページ
「神大の研究室」 [集団生物学分野] 丸田 恵美子 研究室
 

主要著書、論文

「地球変動研究の最前線を訪ねる」清水弘文堂書房、2010
「高山植物学」共立出版、2009
「高山植物の自然史」北海道大学図書刊行会、2000
「Needle browning and death in the flagged crown of Abies mariesii in the timberline ecotone of the alpine region in central Japan」2013, Trees 27:815-825
「Pinus pumila photosynthesis is suppressed by water stress in a wind-exposed mountain site」2013, Arctic, Antarctic and Alpine Research 45:229-237

略歴

東京大学大学院理学系研究科植物学専攻博士課程単位取得退学,東京大学理学部助手,気象庁海洋気象部調査官,慶応義塾大学助教授,東邦大学助教授,教授,東京農業大学嘱託教授を経て現職

研究テーマ

森林生態系の保全、亜高山帯・山地帯における樹木の水分収支と光合成

研究内容について

植物がその生育地で、「どのように環境に適応して生活を営んでいるか」を知るために、野外調査と植物の機能の測定をあわせて行っています。

 
 
ページの先頭へ